変形性膝関節炎治療一例

画像
78才 女性 

症状:歩行時、階段昇降時両膝特に左側が痛い。両膝まっすぐ伸びること
できない。正座ができない。
経過:30代の頃から1日勤め先に毎日往復2時間。
その頃から左膝が痛かった。
整形外科、整体へ行ったが回復しなかった。
整形外科では「年だし、軟骨の量かなり減って、治らない。」と言われた。
所見:右膝の腫脹、左膝外側広筋の停止部の下血海の圧痛
    舌質厚、淡紅、舌尖鮮紅、苔厚、脈緊数

施術1回目
脈と舌診で心火上炎 膝三針は基本処方で、下血海、心膝穴二穴、内関で刺針、
三陰交、下血海にお灸。
仰向けで両膝が伸び床との隙間が小さくなる。
本人も「膝が伸びましたね。」と驚かれる。
右膝の内側に少し痛みが残るが歩行、階段昇降が楽になる。

2回目下血海の痛みが若干残るが1回目より回復している。
腹針法で腹部にも刺針。
6回目歩行時も階段の上り下り時も膝の痛みなし。
現在治療の間隔を二週に1回にする。

~来院する前通勤途中2-3回休憩したが、いま膝が階段の上り下り時も膝の
痛みなくて、通勤中休憩なしでも大丈夫です。「とても楽になった!」

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • エアマックス 95

    Excerpt: 変形性膝関節炎治療一例 健康堂鍼灸院整骨院 /ウェブリブログ Weblog: エアマックス 95 racked: 2013-07-10 04:47