健康堂鍼灸院整骨院

アクセスカウンタ

zoom RSS 自律神経の乱れ

<<   作成日時 : 2018/05/11 17:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

皆さまこんにちは。
最近は暑かったり寒かったりで、気候が安定しませんね。
この時期は、体調を崩す方が多いように感じます。
気候、気圧の変化によって”自律神経”が乱れやすくなるのですね。
今回は、その自律神経についてお話ししたいと思います。

自律神経は”自律”というだけあって、自力で整えることができるものですが、
ちょっとしたことで乱れるものでもあるのです。
原因はいろいろで、


@精神的、身体的なストレス

人間関係、仕事のプレッシャーなどの悩みや不安による精神的なストレス、
過労、怪我、さらには音、光、温度なども身体的なストレスとなって
乱れの主な原因になります。


A昼夜逆転などの不規則な生活

私たちの体は一定の生体リズムに従って働いています。
慢性的な寝不足や昼夜逆転、不規則な食生活など不摂生を続けていると、
生体リズムが狂ってバランスを乱す原因になります。


B疾患が原因となる自律神経の乱れ

”自律神経失調症”や”更年期障害”が自律神経の乱れを引き起こす代表的な疾患です。
自律神経失調症は、過剰な精神的、身体的ストレスが引き金となって自律神経が乱れることで発症し、
その症状として、またさらに自律神経が乱れる、という悪循環が起こります。
更年期障害では、女性ホルモンの分泌が急激に減ることで自律神経が乱れ、
突然のほてりやのぼせ、頭痛、めまいなど、さまざまな不調があらわれます。



では、日常生活ではどのように予防したらよいでしょうか。


○精神的なストレスに強くなる

会社、家庭、学校などにおける人間関係による逃れられないストレスとも、
うまくつきあっていく必要があります。
気長に考える、前向きに考える、楽観的にとらえる、自分に自信を持つ、など
気持ちをコントロールしてストレスに強くなりましょう。
問題を一人で抱え込んでしまわず、誰かに相談するなどの
上手な解消法を身に付けることも大切ですね。


○心身をリラックスさせることをする

心地良い音楽を聴くと、リラックス状態が得られますし、。
ぬるめのお湯にゆったりと時間をかけてつかること、
アロマセラピーを取り入れることなど、自分なりのリラックス法を見つけることが必要です。
また、肩や腕にぎゅっと力を入れた後、フッと体の力を抜くようにすると、
心身ともにリラックスする効果があります。仕事や勉強の合間に試してみましょう。


○規則正しい生活を

生活を構成する食事、睡眠、休養、労働(勉強)、運動の5つが、
毎日規則正しく行われていると、生体リズムも順調に回ります。
どんなに忙しくても、1日3回の食事を楽しく味わうゆとりを持ちたいですね。
睡眠時間を充分にとり、食事時間をなるべく一定にして、適度な休養や運動を心がけ、
乱れた生活を正してリズムを取り戻すには、早寝早起きの習慣をつけることも大切です。


○適度な運動をする

スポーツは、運動不足の解消はもちろん、汗を流すことで気分がすっきりして、
精神的な充実感も得られます。また、定期的に運動を行うことで生活のリズムも作れるので、
ウォーキングなどマイペースでできる運動を無理のない範囲で始めて、運動習慣を身につけましょう。


それぞれ、健康な生活を送るための基本としてよく言われることですが、実際に
全部を網羅するのは、なかなか難しいことだと思います。
これからどんどん暑くなりますし、少しづつでも生活を整えて、
元気に毎日を送りたいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自律神経の乱れ 健康堂鍼灸院整骨院 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる